診療内容 | 札幌東区の歯科 こやま歯科診療室

CONTENTS診療内容

歯周病治療
歯周病は口腔内だけではなく身体全体に悪影響を及ぼします

歯肉が腫れ、出血・口臭・起床時の
不快感などがある

歯肉が痛痒く、うずく

歯ブラシや爪楊枝で簡単に出血する

歯がグラグラする

歯肉から膿が出る

このような症状が続いている方は、歯周病の疑いがあります。放置せず、お早目にこやま歯科診療室へご相談下さい。

一度かかると自然治癒は期待できません

歯を失う原因のNo.1である歯周病。

日本では成人の約8割が羅患していると言われています。原因は歯の表面に付着する歯垢(プラーク)です。プラーク1mgの中には、約1億個の細菌が棲みついていると言われています。

歯に付着した歯垢(プラーク)を放置しておくと、唾液や血液からカルシウムを吸収して、石のように硬くなります。これが歯石と呼ばれるものです。歯肉(歯ぐき)と歯の間にある「歯周ポケット」と呼ばれる部分に歯石ができ、その上に歯垢(プラーク)がどんどん重なってくると、プラークの中に棲みついている細菌が出す酸により、歯を支えている骨がどんどん溶かされていきます。

症状が進行してくると、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病が身体全体へ及ぼす悪影響について

最近の研究によると、身体の様々な疾患に歯周病が関わっている疑いが深いことが明らかになってきました。

歯周ポケットにある傷口から歯周病菌が血管に入り込み、全身へと運ばれることで様々な疾患の原因・遠因となることが指摘されています。

代表的なものだけでも、下記のように数多くの症例と関係性があることが疑われています。この他、妊婦の場合は胎児への悪影響も指摘されています。細菌感染症である歯周病は、定期的に予防歯科に通うことにより、感染または発症を防ぐことが出来ます。

大事なのは歯垢(プラーク)を溜めないことです。毎日の歯みがきだけで全てのプラークを除去することは大変難しいことですので、積極的に予防歯科を利用して下さい。