診療内容 | 札幌東区の歯科・インプラント・予防歯科 こやま歯科診療室

CONTENTS診療内容

一般歯科

違和感があれば、なるべく早くご来院下さい

一般歯科では、虫歯の治療・被せ物・差し歯・ブリッジ・入れ歯(義歯)など、一般的な歯科治療を行います。

こやま歯科診療室は「なるべく抜かない・削らない」をモットーとして治療にあたっております。削る必要がある場合には、最小限に留めるように気を配っています。

虫歯などの治療は初期段階であれば比較的治療期間が短くて済み、その後の治療費も抑えることが出来ます。歯に違和感や痛みがあれば、できる限り早めのご来院をお勧めいたします。

「虫歯を治療した=元に戻った」ではありません

一般歯科では、虫歯の治療・被せ物・差し歯・ブリッジ・入れ歯(義歯)など、一般的な歯科治療を行います。

こやま歯科診療室は「なるべく抜かない・削らない」をモットーとして治療にあたっております。削る必要がある場合には、最小限に留めるように気を配っています。

虫歯などの治療は初期段階であれば比較的治療期間が短くて済み、その後の治療費も抑えることが出来ます。歯に違和感や痛みがあれば、できる限り早めのご来院をお勧めいたします。

虫歯は早期発見・早期治療をすることが大切です

  • 食べものが同じところで
    引っかかる・挟まる・詰まる

  • 定期的に歯が痛む

  • 水や甘いものがしみる

  • 舌で歯を触ると
    引っかかる感じがする

  • 歯の溝が黒くなっている

虫歯は我慢をしていても自然治癒することはありません。
早期に治療することがとても大切です。定期的に予防歯科に通うことで、予防・早期発見・早期治療に繋がります。

小児歯科/ 将来のキレイな歯並びのために

乳歯にもきちんと役割があります。

乳歯はどうせ抜けてしまうから治療しなくても平気・・・と思っていませんか?
乳歯は確かに抜けます。しかし、抜けた後すぐに永久歯が生えてくるわけではありません。永久歯には生えてくるタイミングがあり、その前に乳歯を失うと、しばらくの間は歯がないまま過ごすことになります。

成長期であるお子様にとって、噛み合う歯がないために正常に噛むことが行えない状況は、顎の劣成長(正常に発達しないこと)を招きます。顎の劣成長の結果、永久歯が生えてくるスペースが足りない顎となり、それでも生えてこなければならない永久歯は、正常な場所以外のところから生えてきます。

「顎のスペースが足りない」ことが「歯並びの悪さ」に繋がることがお分かりになりますでしょうか?乳歯には「噛む」という役割の他に、生えてくる永久歯のためにスペースを確保するという重要な役割を担っているのです。

乳歯の虫歯は進行スピードが早い

乳歯の組織は永久歯のそれに比べて柔らかいため、虫歯の進行スピードがとても速いのが特徴です。 数ヶ月で神経まで到達してしまうこともあり、また自覚症状も少ないため、お子様が痛みを訴えるころには 深刻な状態になっていることが少なくありません。お子様の虫歯に気づいたら、すぐに歯医者さんに診察し てもらって下さい。こやま歯科診療室では、診療時に衛生士が正しいブラッシング方法を指導し、自宅でも ケアが出来るようにお帰りの際はフッ素を皆様に無料配布させて頂いております。

予防治療と定期検診をお勧めいたします

乳歯の虫歯のもう一つの特徴として、「再発リスク」が高いということが挙げられます。そのため、「虫歯が見つかったから歯医者さんに行く」というスタンスではなく、虫歯が出来やすい状況を作らないために、定期的に歯科医院へ通い、予防治療を受ける事をお勧め致します。

毎日の歯みがきではどうしても取り切れない汚れを除去することで虫歯の原因である歯垢(プラーク)や歯石が発生しないように心掛け、さらに3-6ヶ月ごとにフッ素塗布をして虫歯菌に強い歯を作っていくことが大事です。

口腔歯科
口腔外科とは?

主に虫歯や歯周病以外のお口の周囲の疾患などを扱う診療科です。交通事故やスポーツでできた外傷や顎変形症といった外科的疾患、口腔粘膜疾患や口臭症などの内科的疾患も治療します。

毎週土曜日には北海道大学歯学部在籍の口腔外科医が来院して、大きな病院でしか出来ない口腔外科的な処置が必要な治療にも対応しています。

地域密着で治療活動をすることにより、大きな病院までは遠くてなかなか行けないという患者様にもお喜び頂いております。

その他、お口の中に異常がある、気になるところがある際には、どうぞお気軽にご相談下さい。

埋伏歯(顎の骨に埋まった歯)

歯が生え揃わない、顎の骨に埋まっている親知らずのトラブルなど

歯ぐきや顔、顎の炎症

歯ぐきや顔が大きく腫れる・ズキズキと痛む、歯が原因と鳴っている蓄膿があるなど

外傷

お口の中が切れた、歯をぶつけてグラグラしている、歯が抜けた・折れたなど

顎関節症

顎を動かすと痛む、ゴキゴキと音がする、口を開けづらいなど

口腔内の粘膜の異変

口内炎・腫れ・水疱・ただれ・痛みなど

唇と歯ぐきの間にある筋(小帯)の異常

上顎もしくは下顎にある小帯が短いまたは大きい、そのために発音に難があるなど

予防歯科/ 削らない・抜かない治療のために出来ること

予防歯科ってなに?

今までの歯科治療においては、「歯が痛くなってから悪い部位を削って療する」という考え方が主流となっていました。しかし、様々な発展が進んだ現代では、そのような考え方はもう古いものになっています。

長年に渡って様々な研究が重ねられた結果、「虫歯や歯周病は、細菌による感染症である」ということが分かってきました。同時に、この細菌感染は、正しい知識と正しいメンテナンスによって未然に防げることも分かっています。

「正しい知識と正しいメンテナンス」とは、毎日の歯みがきはもちろん、定期的に歯科医院に通って、普段の歯みがきでは落としきれない歯垢(プラーク)をプロにクリーニングしてもらうということです。

歯垢(プラーク)1mgの中には、なんと1億個以上の細菌が棲みついていると言われています。この歯垢(プラーク)を溜めないということが、口腔内を健康に保つために最重要なことなのです。

予防するために歯医者さんに通うということ

「治療」のためではなく、「予防」をするために歯医者さんに通うということが、歯を健康に保つ秘訣です。従来のやり方であった「入れ歯になるまで治療を繰り返す」という方法に比べると、ライフタイムを通じて歯医者さんにかかる時間は短くなり、治療費もかなり抑えることが可能となります。

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、虫歯菌が存在しないということをご存知でしょうか?虫歯菌は、お箸・スプーンの使い回しなどで、周囲の大人から感染してしまうことが多いのです。積極的に予防歯科に通い、虫歯菌・歯周病菌を増やさない・感染しない環境を作っていきましょう。

「デンタルクリン」を札幌で初導入しました

「デンタルクリン」はプロフェッショナルによるシステム化された歯のクリーニングです。
歯石だけを除去したい方からパーフェクトにクリーニングしたい方まで、ご希望に応じて以下4つのコースがあります。

1

プラーク・歯石クリンコース(計28本)歯石を除去したい方向けのコース

2

ステインクリンコース(計28本)着色を落としたい方向けのコース

3

クイックコース(前歯上下 計12本)ちょっと試したい方向けのコース

4

デンタルクリンコース(計28本)完璧にクリーニングしたい方向け

口臭や虫歯、歯周病の予防に優れた効果を発揮すると同時に、普段の歯みがきでは取り切れない歯の着色・汚れを落とし、本来の白く輝く歯を取り戻します。
「歯」を知り尽くした歯科医師・歯科衛生士がお口の状態をチェックした上で適切に施術を行いますので、安全・安心です。

デンタルクリン施術 5つのメリット

虫歯や歯周病の予防に

溜まったプラークや歯石など、お口の健康を害する「原因」となるものを取り除き、虫歯や歯周病になりにくい口内環境に改善します

本来の白い歯に

口臭の除去・予防

エイジングケア

成人病の予防に

デンタルクリンについての詳細はオフィシャルサイトをご参照下さい。

デンタルクリン オフィシャルサイト

※別サイトへジャンプします

歯周病治療
歯周病は口腔内だけではなく身体全体に悪影響を及ぼします

歯肉が腫れ、出血・口臭・起床時の
不快感などがある

歯肉が痛痒く、うずく

歯ブラシや爪楊枝で簡単に出血する

歯がグラグラする

歯肉から膿が出る

このような症状が続いている方は、歯周病の疑いがあります。放置せず、お早目にこやま歯科診療室へご相談下さい。

一度かかると自然治癒は期待できません

歯を失う原因のNo.1である歯周病。

日本では成人の約8割が羅患していると言われています。原因は歯の表面に付着する歯垢(プラーク)です。プラーク1mgの中には、約1億個の細菌が棲みついていると言われています。

歯に付着した歯垢(プラーク)を放置しておくと、唾液や血液からカルシウムを吸収して、石のように硬くなります。これが歯石と呼ばれるものです。歯肉(歯ぐき)と歯の間にある「歯周ポケット」と呼ばれる部分に歯石ができ、その上に歯垢(プラーク)がどんどん重なってくると、プラークの中に棲みついている細菌が出す酸により、歯を支えている骨がどんどん溶かされていきます。

症状が進行してくると、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病が身体全体へ及ぼす悪影響について

最近の研究によると、身体の様々な疾患に歯周病が関わっている疑いが深いことが明らかになってきました。

歯周ポケットにある傷口から歯周病菌が血管に入り込み、全身へと運ばれることで様々な疾患の原因・遠因となることが指摘されています。

代表的なものだけでも、下記のように数多くの症例と関係性があることが疑われています。この他、妊婦の場合は胎児への悪影響も指摘されています。細菌感染症である歯周病は、定期的に予防歯科に通うことにより、感染または発症を防ぐことが出来ます。

大事なのは歯垢(プラーク)を溜めないことです。毎日の歯みがきだけで全てのプラークを除去することは大変難しいことですので、積極的に予防歯科を利用して下さい。

審美歯科/ 美しさと機能性が融合する

審美歯科とは?

一般的なイメージとして、「審美歯科」と聞くと、「セラミック製の被せ物を使う」「歯科金属を使用した銀歯を、白い詰め物に変える」「ホワイトニングをして歯を白くする」などが挙げられると思います。

もちろん、歯の美しさに重点を置き、一般的な治療より高い技術を必要とするものではありますが、その本質は美しさだけに重点を置いたものではありません。

「審美歯科」とは、外見の美しさだけに重点を置くものではなく、歯や歯ぐきなどの機能や噛み合わせなどを改善させることで口腔内における機能と形や色彩の美しさの調和を図り、それらの機能を損なわない範囲で外見的な美しさを向上させることを目的とした治療です。

こやま歯科診療室は、美容面での美しさはもちろん、機能面での美しさも追求することにより、長期間に渡って患者様に安心を提供できる治療をいたします。

予防歯科としての側面があるのをご存知ですか?

美容面での美しさと口腔内における機能の調和を図ることを本質的な目的としている審美歯科ですが、実はその目的自体に口腔内の病気を予防するという重要な側面が含まれているのをご存知でしょうか?

歯並び・歯ぐきなどを整えることで無駄な隙間が無くなり、それは歯垢(プラーク)の侵入を抑えることに繋がります。

プラークの侵入を抑えることは、歯周病を防ぐことにも繋がります。

また、歯並びを整えることは良い噛み合わせに繋がり、咀嚼筋群や顎をバランス良く使えるようになることで、余計な負担が減ります。

口腔内の健康をトータル的に考えて治療することにより、口腔内のみならず、お口周辺にある筋肉・骨などの組織のバランスも自然に整うようになります。

ホワイトニング / 2つの方法

歯科医師がお口の状態をチェックした上で、適切に施術を行います。
デンタルクリンのホワイトニングは、品質・安全性共に高い薬剤を使用し、さらに歯や歯肉にダメージを与えない最新の施術方法で行いますので、安心して受診頂けます。
ホワイトニングには、歯科医院で行う「クリニックタイプ」と、患者様ご自身がご自宅で行う「ホームタイプ」があります。

クリニックタイプ

1回の施術で前歯6本から歯を白くすることが出来ます。
歯科医師・歯科衛生士が施術しますので、安心です。

ホームタイプ

ご自宅で2週間かけて徐々に白くしていく方法です。
時間をかけて薬剤を深く浸透させますので効果が高く、白さが持続します。

入れ歯・ブリッジ・インプラント

もしも歯を失ってしまったら・・・

歯を失うということは、その分の負担が別の歯にかかる事を意味します。
また、歯の移動なども発生してしまいます。結果として噛み合わせが悪くなり、同時に見た目も悪くなります。

歯が抜けても、咀嚼筋群の噛む力は変わりません。つまり、1本あたりの負荷も大きくなります。それは、歯の寿命が短くなるということです。

歯を失ってしまった場合には、残った他の歯を守るために、早めの治療をすることが大切です。

欠損した歯を補う治療について代表的な3つの治療法をご紹介します。

入れ歯(義歯)

何らかの理由でブリッジ施術が出来ない場合、入れ歯(可撤性義歯)という治療方法があります。

金属バネを歯に引っ掛けますので見た目は良くありませんが、保険適用となり安価で作成できます。

ブリッジ

歯が抜けてしまった部位の両隣の歯を削り、土台を作って橋渡しをして、そこに人口の歯を固定する方法です。

保険の適用が可能であり、見た目も悪くなく違和感も少ないことが特徴です。

インプラント

歯が抜けた部位の顎の骨に、チタン製の人口歯根を直接埋入し、それを土台として人工の歯を装着する方法です。

人工歯根を埋入するために手術が必要となりますが、医学的には最もメリットが大きい選択肢です。

採用しているインプラント

Zimmer Dental社のSpline Twist

従来のインプラントと比較して、ハイドロキシアパタイトをフィクスチャー(人工歯根のネジの部分)にコーティングすることで、顎の骨とインプラントとの接合を強固にします。そして、インプラント義歯を支える土台には、独自の6つのスロットを施すことで、より維持力を高めています。

Straumann社

ストローマン社のインプラントもご用意しております。
20年以上に渡るインプラントの実績、インプラントの研究や学術文献による豊富な裏付けを誇り、生産管理なども世界でトップクラスのメーカーです。顎の骨との結合を促進するためにフィクスチャー(人工歯根のネジ部分)の形状をSLA(Sand-blasted Large-grit Acid-etched)と言われるストローマン社独自の技術を用いています。

入れ歯・ブリッジに対するインプラントの利点

骨吸収が進むと周囲の健康な歯にも悪影響を及ぼし、歯を次々と失ってしまうことに繋がることがあります。
しっかりと噛むことができるインプラントでは、顎の骨に天然歯と同等の刺激を与えることが出来ますので、骨吸収を防ぐと共に骨の周りの筋肉の衰えも防ぐことが出来ます。

残っている歯に負担がかかりません

顎の骨にチタン製の人工歯根を直接埋め込みますので、入れ歯やブリッジのように、残っている健康な歯に負担をかけることがありません。人工歯根は約45日~90日で骨の組織と結合する性質があるので、噛み心地も自然な歯とほぼ変わりません。

噛む力が天然の歯と同等です

顎の骨に直接埋め込んでしっかりと固定しますので、入れ歯やブリッジとは違い、天然歯とほぼ同等の「噛む力」を発揮します。

見た目と使用感が自然の歯とほぼ変わりません

顎の骨に埋め込んだインプラントを土台として周囲の歯の色に合わせてセラミック製の人工歯を作ります。そのため口元に違和感がなく、自然な見た目になります。
もちろん食事制限などもなく、歯みがきも天然歯と同様に行うことができます。

顎の骨の「骨吸収」を防ぐことができます

顎の骨は、歯から「噛む力」を刺激として受けることで、高さと幅を維持しているのをご存知でしょうか?そのため、歯を失った後に放置しておくと、その歯を支えていた周囲の骨が徐々にやせ細っていきます。この現象を「骨吸収」と言います。