小児歯科 | 札幌東区の歯科 こやま歯科診療室

CONTENTS診療内容

小児歯科/ 将来のキレイな歯並びのために

乳歯にもきちんと役割があります。

乳歯はどうせ抜けてしまうから治療しなくても平気・・・と思っていませんか?
乳歯は確かに抜けます。しかし、抜けた後すぐに永久歯が生えてくるわけではありません。永久歯には生えてくるタイミングがあり、その前に乳歯を失うと、しばらくの間は歯がないまま過ごすことになります。

成長期であるお子様にとって、噛み合う歯がないために正常に噛むことが行えない状況は、顎の劣成長(正常に発達しないこと)を招きます。顎の劣成長の結果、永久歯が生えてくるスペースが足りない顎となり、それでも生えてこなければならない永久歯は、正常な場所以外のところから生えてきます。

「顎のスペースが足りない」ことが「歯並びの悪さ」に繋がることがお分かりになりますでしょうか?乳歯には「噛む」という役割の他に、生えてくる永久歯のためにスペースを確保するという重要な役割を担っているのです。

乳歯の虫歯は進行スピードが早い

乳歯の組織は永久歯のそれに比べて柔らかいため、虫歯の進行スピードがとても速いのが特徴です。 数ヶ月で神経まで到達してしまうこともあり、また自覚症状も少ないため、お子様が痛みを訴えるころには 深刻な状態になっていることが少なくありません。お子様の虫歯に気づいたら、すぐに歯医者さんに診察し てもらって下さい。こやま歯科診療室では、診療時に衛生士が正しいブラッシング方法を指導し、自宅でも ケアが出来るようにお帰りの際はフッ素を皆様に無料配布させて頂いております。

予防治療と定期検診をお勧めいたします

乳歯の虫歯のもう一つの特徴として、「再発リスク」が高いということが挙げられます。そのため、「虫歯が見つかったから歯医者さんに行く」というスタンスではなく、虫歯が出来やすい状況を作らないために、定期的に歯科医院へ通い、予防治療を受ける事をお勧め致します。

毎日の歯みがきではどうしても取り切れない汚れを除去することで虫歯の原因である歯垢(プラーク)や歯石が発生しないように心掛け、さらに3-6ヶ月ごとにフッ素塗布をして虫歯菌に強い歯を作っていくことが大事です。