当院について | 札幌東区の歯科・インプラント・予防歯科 こやま歯科診療室

ABOUT当院について

1988年-

北海道大学歯学部卒業
北海道大学歯学部歯科補綴学講座第1講座入局

1991年-

北海道大学歯学部歯科補綴学講座第1講座助手

1995年-

こやま歯科診療室 開院

5年後、10年後を見据えた治療を

こやま歯科診療室 院長小山 祐司/ こやま ゆうじ

患者様の年齢や環境など、個々人の状況によって治療方法を説明しながら治療することをモットーにしています。そのため、患者様によっては治療内容が異なることがあります。

「なるべく抜かない・削らない」という観点から、入れ歯は歯科治療での最終段階であり、避けられるものなら避けたいものですが、少しでも自分の歯が残るように設計を考え、咬合の崩壊時期なのかどうかなど、十二分に見極めた上で治療いたします。

同時に、現時点だけを見た治療ではなく、5年後、10年後を見据えた治療を心掛けています。

コンセプト

1995年に札幌市東区にて開業以来、地域密着で皆様のお口の健康を支えるお手伝いをして参りました。
一般歯科・予防歯科などの保険診療から、審美歯科・インプラント治療などの自費治療まで、地域の皆様のあらゆるご要望やお悩みに少しでも応えられるように院内環境を整え、皆様のご負担を心身ともに減らすことができますよう、院長をはじめスタッフ一同常に心掛けております。

全国で約10%しかない、厚生労働省認定かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所(か強診)です。

こやま歯科診療室は、厚生労働省が定める「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所(か強診)」の施設基準を全て満たし、認定を受けております。「か強診」認定を受けている歯科医院は、全国で僅か約1割しかありません。

「か強診」認定を受けている歯科医院では、簡単に言うと「虫歯や歯周病の重症化予防治療に対して、保険の適用が受けられやすくなる」という特徴があります。お口の中にお悩みがあってもなかなか来院できない患者様に対し、保険の網を広げることで治療の機会を得やすいという大きなメリットがありますので、今まで放置してきたお口のお悩みがある方は、この機会にぜひご相談に来られることをお勧めいたします。

徹底した滅菌で安心・安全な治療を。

こやま歯科診療室では、患者様に安心して治療を受けて頂くために、安全な歯科医療環境を作ることに徹底配慮しています。

世界最高基準であるクラスBの滅菌器を用いて、患者様のお口に入る器具は全て患者様ごとに滅菌を行っています。また、歯科ユニットウォーターライン除菌装置「ポセイドンシステム」を導入し、治療に使用する水は全て人体に無害な中性電解水となっております。

その他、安全で安心な歯科医療環境を提供するためのAED、パルスオキシメーター、歯科用粉塵吸引装置(口腔外バキューム)など、厚生労働大臣の定める施設基準に適合しております。

予防歯科・歯周病治療に力を入れています。

「なるべく抜かない、なるべく削らない」をモットーに、虫歯・歯周病になる前に効果的に羅患を防ぐ「予防歯科」に力を入れています。

札幌の歯科医院としては初めてとなる、総合的な歯のクリーニングシステムである「デンタルクリンシステム」の導入もその一環です。

残念ながら既に歯周病に羅患してしまっている場合は、より効果的な治療を施し、出来るだけ早い回復を目指して、歯を失ってしまうリスクを抑えていきます。皆様が生涯に渡って自分の歯を使い続けることが出来るよう、末長くサポートさせて頂きます。